映画と本 eigatohon.exblog.jp

映画鑑賞と読書の記録


by くりーむ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月観たDVD⑵

恋妻家宮本 DVD

阿部寛,天海祐希,菅野美穂,相武紗季,工藤阿須加/東宝

undefined

「戦争みたいに正しさと正しさはぶつかるけど優しさと優しさはぶつからない。
今私たちがこだわるべきなのは正しさではなく優しさなんじゃないでしょうか。」
この台詞は宮本がある場面で生徒のお祖母さんに言った台詞ですが、
夫婦にも当てはまるのかなと。
ついつい自分にとっての正しさを押し付けてしまいがちですが。
夫婦にとっての「優しさ」って
かまってあげたりそっとしておいてあげたり
変化していくその都度の状況によって
臨機応変さが問われるから難しいですけどね。
ポイントを押さえた丁度良い優しさ、
料理と一緒でさじ加減が大事。
料理を習い始めた宮本ならきっと大丈夫かな?
出演者みんなで吉田拓郎さんの「今日までそして明日から」を歌うエンディングがよいです。

[PR]
# by creamn | 2018-01-10 15:21 | DVD・TV

今月観たDVD⑴

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ [DVD]

グレタ・ガーウィグ,イーサン・ホーク,ビル・ヘイダー,マーヤ・ルドルフ,トラヴィス・フィメル/松竹

undefined


イーサンはダメ男が似合いますね。

[PR]
# by creamn | 2018-01-09 22:30 | DVD・TV

冬の連ドラ2018

2018年になりました。
今年もよろしくお願いします。

今クール観たいドラマは…

『anone』


『隣の家族は青く見える』



『きみが心に棲みついた』

『海月姫』


今年は冬季オリンピックイヤーなので、
1〜2月は家にこもってテレビの前にいる時間が長いかも。


[PR]
# by creamn | 2018-01-09 21:23 | DVD・TV

2017年映画まとめ

2017年に観た映画は93本でした。
今年も劇場にはなかなか行けず、
観たかったのに見逃してしまったものがとても多かったです。
というわけで今年も鑑賞数が少ないので
2017年 新作映画よりベスト5を選びました。

1位


2位


3位


4位


5位


新作は基本的に好きな監督さんの作品を観ていますが
今年はそれぞれの監督さんたち全員、挑戦作だったと感じています。
是枝監督の『三度目の殺人』、大森立嗣監督の『光』、入江悠監督の『ビジランテ』なども。
脚本を書ける監督さんが好きです。
オリジナル脚本作品が観たい。
今後も新しいものを作っていく監督さんたちを応援していきたいと思います。
オリジナル脚本作品が増えて各地で上映されるような映画業界になりますように。


*番外編* 生南朋さん関連
8回南朋さんを生で見ることができました。
特に握手会でお話した時に
あのキュートなにっこり笑顔を頂けたこと
1番の思い出になりました!








来年は劇場鑑賞を増やしたいです。
良いものに出会えますように。

今年もこちらを覗いてくださったみなさまありがとうございました。
良いお年を〜〜😌


[PR]
# by creamn | 2017-12-30 20:00 | 劇場鑑賞
『DESTINY 鎌倉ものがたり』を鑑賞。
これで2017年の映画納めになります。
b0179456_20480951.jpg


山崎貴監督の最新作です。
程よいファンタジーで面白かったです。
なんと言っても堺雅人さんと高畑充希ちゃんの夫婦が可愛らしかった。
後半は映像が凄かったので劇場で観れて良かったです。

[PR]
# by creamn | 2017-12-28 20:32 | 劇場鑑賞

今月のほんよみ

劇場

又吉 直樹/新潮社

undefined

凄く痛々しい恋愛小説。この主人公えげつないです。
でも読ませる筆力あります。又吉さん才能ありますよ。
また新作出たら読みたいです。

[PR]
# by creamn | 2017-12-26 22:07 | 読書

今月観たDVD⑶

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

宮沢りえ,杉咲花,松坂桃李,オダギリジョー/TCエンタテインメント

undefined

ラストまで観てなるほどこういうことか!と納得。
やりすぎの感もありますが、いろいろな伏線が回収されていく感じが良かったです。
これがオリジナル脚本というところもいいですね。


西内まりやさんだとなんかイメージと違う!と残念に思ってて。
でも観てみたら意外と良かったです。


ジムノペディに乱れる [DVD]

板尾創路,芦那すみれ,岡村いずみ,田山由起,田嶋真弓/Happinet

undefined

行定監督ってちょっとした変態なのかもと思いました( ̄▽ ̄)
濡れ場って監督の趣味が出ますよねぇ…


初見はそうでもなかったけど、
再見してみたら、これはベストに入れたいなぁと。
良い作品です。


[PR]
# by creamn | 2017-12-25 22:25 | DVD・TV

今月観たDVD⑵

ペドロ・アルモドバル監督作品4本
すべて色彩が印象的で非常に作家性の強い作品達です。


本当に神経衰弱ギリギリ、というかんじなんですよ。
でも重くなくて軽やかな不思議な後味なんです。


キカ [DVD]

ベロニカ・フォルケ,ピーター・コヨーテ,ビクトリア・アブリル,サンティアゴ・ラフスティシア/アルバトロス

undefined

すっごく変!でもついつい引き込まれる。
若い彼とその父親とも付き合ってる主人公のキカ役の女性が
全然美人でもなくて甲高い声でよく喋るおばさんってところも面白いです。


何度か見直してますが、
その度にじわじわ、じーんと胸にきます。

ジュリエッタ [DVD]

エマ・スアレス,アドリアーナ・ウガルテ/ポニーキャニオン

undefined

去年劇場で鑑賞しました。
あの強烈ビジュアルの家政婦役の人が、
『キカ』の家政婦の人と同じ人だったんだ!という事に今回気づきました。



[PR]
# by creamn | 2017-12-13 17:44 | DVD・TV

今月観たDVD⑴

まほろ駅前多田便利軒 スペシャル・プライス [DVD]

瑛太,松田龍平/Happinet(SB)(D)

undefined

久しぶりの鑑賞でしたが、劇場鑑賞の時と同じシーンで号泣してしまいました。
やっぱり大好きな作品。

ほっこり面白かったです。


[PR]
# by creamn | 2017-12-12 23:00 | DVD・TV

『探偵はBARにいる3』

TOHOシネマズ新宿にて『探偵はBARにいる3』を鑑賞。
b0179456_22342263.jpg


先々週〜先週は、
毎日のように番宣でバラエティに出ている洋ちゃんを観てました。
準備万端で?楽しみにしていたこの映画。
期待を裏切らず面白かった〜〜
このシリーズ、ずっと続くといいなぁ。
洋ちゃん、これが1番のハマり役だと思います。
この映画に出ている大泉洋は妙〜〜にカッコいい!
そしてナレーションの美声に聞き惚れる!
龍平くんも相変わらずオイシイところを持っていくかっこいい役でした。


[PR]
# by creamn | 2017-12-11 22:32 | 劇場鑑賞
テアトル新宿にて『ビジランテ』を鑑賞。
b0179456_23005837.jpg



入江悠監督の最新作の公開初日です。
先日先行上映で鑑賞した時は、バイオレンス描写に面食らってしまい、
「これをもう一度観るの無理」と思ったし、痛さが強烈に残ってしまいましたが、
2度目の鑑賞の今回はかなり冷静に観ることができました。
(でもあの焼肉屋のイタ〜いシーンは目をつぶってました)

架空の地方都市のお話ですが、
本当に何にもなくて、からっ風の吹く寒々しい空の映像や、寂れた街の風景のカットが印象的です。
自分の実家もあんな感じで、
特に美しい大自然や観光名所などもあるわけでもない地方都市の閉塞感、よくわかります。
あるのは全然キレイじゃないむしろ汚い川とか畑とか、
なんの変哲も無い工業地帯。
そこに建設予定なのが、巨大ショッピングモールというところもリアル。
もうそれしかないって感じで実際に次々と建設されてて恐怖を感じるぐらいです。

この映画の中の「渡市」では小さいコミュニティの中で警察や政治が真っ当に機能していません。
「法や正義が及ばない世界」
その1番の縮図が進藤家なのかもしれない。
権力者で横暴な父親に支配されて育った3兄弟。
逃れることが出来ない血縁、地元の地縁の圧力。
そんな環境だから自分の事や自分の周りの人たちは自分自身で守らなければならない。
初見の時は、南朋さん演じる一郎は底知れなくて怖いしひどい人だと思ったけれど、
今回観てそうでもないのかなと思い直しました。
子供の頃にナイフを埋めたエピソード、
本当は父親を刺したのは一郎ではないという二郎の発言、
あのナイフを使ってあのヤクザの首を刺した事。
それが結果的に弟たちを守ったこと。
普通に育っていれば自身が誰かに暴力を振るうこともなく、
頼りになるいいお兄さんでいれたのかもしれない…


上映後舞台挨拶がありました。
先行のときも楽しかったのですが、
今回は上映後で裏話なども聞けて面白かったです。
3兄弟の掛け合いもパワーアップしてたような。
場内爆笑の連続!
桐谷健太くんは「自分の代表作が出来たと思います。絶望的にカッコイイ映画になりました。」と。
本当に桐谷くんの代表作になったのでは?
桐谷くん演じるサブちゃんは優しくてカッコイイ!いい役です。
舞台挨拶も盛り上げてくれて
昼間からヘビィな作品を観た観客たちを救ってくれたと思います。
南朋さんも声を出して笑ってることが多かったです。
今回の南朋さん、笑ってるだけでなくてけっこう喋ってました。
桐谷くんとか浩介さんに絶妙に話を振ったり突っ込んだり受け答えとかしてて最高でした!
(そういえば桐谷くんと南朋さんは『カマチョップ』で共演したことがあるって言ってたけど、
そうだったんですねぇ〜
あの映画を観たときは桐谷くんの事よく知らなかったから)



この動画、一番面白かったところがカットされてます。
まあ内容が公開できない感じだったので仕方がないかな😭



b0179456_23043216.jpg
今回も撮影タイムいただきました〜〜



[PR]
# by creamn | 2017-12-09 23:00 | 劇場鑑賞

今月観たDVD⑶



お父さんと伊藤さん [DVD]

上野樹里,リリー・フランキー,藤竜也/TCエンタテインメント

undefined

タナダユキ監督作品。
思ってたより面白くて、最後なんてほろりとしてしまいました。
特に藤竜也さん演じるお父さんがよいかんじ。
この年代で1番色気も可愛げもある素敵な俳優さんなのでは?



これは「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の第3弾で白石和彌監督が監督&脚本だそう。
去年新宿武蔵野館で上映されてて気になってた作品。
なかなか面白かったです。
いつだったか昔の日活ロマンポルノを放映してて、
観てみたら本当にくだらなくてつまらなくて
大してエロくもなくてがっかりしたのですが。
こちらはちゃんと現代のストーリーものとして楽しめました。
やっぱり白石監督作品好きかも!

[PR]
# by creamn | 2017-11-29 12:42 | DVD・TV
新宿武蔵野館にて『光』を鑑賞。
b0179456_16463522.jpg


大森立嗣監督の最新作です。
原作は三浦しをんさんの小説。
上映後舞台挨拶付きの回のチケットを取って鑑賞してきました。

大森立嗣監督の作品はデビュー作から全て劇場鑑賞してきて、
今回は舞台挨拶付きで観ることが出来て良かったです。
先行抽選で取りましたが、初めて報道陣の後ろのB席(最前列)が当たりました!
しかも新宿武蔵野館なので超至近距離でキャストの皆さんを見れて嬉しかったです。

映画の内容の方はというと、
鑑賞後の場内の空気の重いこと重いこと。
あの空気感が全てを物語っていたような。
たぶんみんな呆然としていたかも。
でも舞台挨拶が上映後で、監督のお話聞けたから救われた部分はあるかも。
わたしが感じたのは、
立嗣兄はナイフみたいに尖ってる『ゲルマニウムの夜』作品でデビューして
その後『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』という圧倒的なオリジナル脚本を書き終えて、
『まほろ〜』で次のステージに移ったのだと思ってたけど、
今回はまた原点回帰というか一周回って、
観客を挑発するような挑戦作にしてきたのだなと。
笑いは一切なし。
でも印象的なカットの連続。
前衛アートのような作家性の強い映像、色彩、カメラワーク、編集、音楽。
ジェフ・ミルズさんの音楽の起用や
舞台挨拶での「生きる事への肯定」という言葉を聞いて、
立嗣兄の作品にはお父様の麿赤児さんからの影響が
反映されているのかもしれないと感じました。

小説を読んだ時は気がつかなかったけれど、
『光』とはあくまでも闇の中の光なのでしょう。
海に映る月の光の道。
この物語の登場人物達の人生は
太陽のように輝くような人生じゃなかった。
「なんでいつもこんなに不機嫌なんだろうな。」そんな人生。
ずっと暗闇の中にいるような幸も不幸もない人生。
でも時折、光が射した瞬間もあった。
それはとても弱くて儚いものだったけれど。
信之の家の、あの女の子は今後幸せになれるのだろうか。
それだけが心配で気になり暗い気持ちになった。
「パパ!パパ!」と天真爛漫に連呼する姿が狂気じみていて
無垢な生命の輝きがあんなに哀しいなんて。
過酷な環境が用意されてしまったけれどあの子には何の罪もない。
なんとか生き抜いて欲しいと願わずにはいられなかった。



[PR]
# by creamn | 2017-11-26 22:44 | 劇場鑑賞
テアトル新宿『ビジランテ』完成披露先行上映会に参加して来ました。
b0179456_21483500.jpg

上映前に出演者と監督による舞台挨拶ありました。
b0179456_21060605.jpg
お写真撮影OK出ました。
監督から主演3人に労いの花束贈呈…のはずが、
まさかの埼玉県深谷市名産の深谷ねぎの束が送られ、
ネギを持っての写真撮影となりました😅
今回の舞台挨拶は通常のものよりかなり長めだったような気がします。
終始、桐谷健太くんと鈴木浩介さんのおもしろ掛け合いトークに
南朋さんがニコニコしているという状況でした。
場内も爆笑の連続でとても和やかでした。
本当に兄弟のように仲良しの3人でした。









しかし本編が始まると、
スクリーンの中には別人の3兄弟がいたのでした。
入江悠監督のオリジナル脚本。
バイオレンス・ノワールという事で、
覚悟して行きましたが、
いけないものを観てしまった感が。
帰ってからもいろいろ考えてしまい…

ビジランテ=自警団 という言葉とは裏腹の暴力の連鎖。
それは中国人と若者の報復合戦に象徴されている。世界の争いごとの縮図では?
暴力とは?
殴ったり蹴ったりするのはもちろん暴力だが
暴行を見て見ぬ振りをするのは暴力ではないのか?
理不尽な権力や集団による圧力や差別は暴力ではないのか?

…などとぐるぐる考えがまとまらず。
ちなみに帰ってからコウノドリの今橋先生を観たら、
もはやあちらがファンタジーのような気がして。
ビジランテの南朋さんのほうが自然なような気がして
底知れないような気がして怖くなってしまったんです。
それぐらい映画のなかの南朋さんは完全に一郎に憑依してたような…
そのギャップが南朋さんの魅力ですが、
ひさしぶりの怪演に少しばかり混乱してます…


もう一回初日に観たいと思ってます。
一般公開は12月9日より。
公開されたら物議を醸すような問題作かも?



b0179456_21485855.jpg

b0179456_21244999.jpg
終了後スタッフさんにいただいたチラシ。
これは面白いけど決してこんな軽い内容じゃないです💦

[PR]
# by creamn | 2017-11-17 23:59 | 劇場鑑賞

今月観たDVD⑵

めがね[Blu-ray]

小林聡美,市川実日子,加瀬亮,光石 研,もたいまさこ/バップ

undefined




20日に始まるこのドラマに先駆けての
この二本の映画の放映だったのかなと思います。
両方とも小林聡美さんが出演されてます。
作品の雰囲気は似てますが、
監督さんは別です。
『めがね』は荻上直子監督で
『マザーウォーター』は松本佳奈監督です。
ドラマの監督は松本監督です。


[PR]
# by creamn | 2017-11-16 12:54 | DVD・TV

今月観たDVD⑴

聖の青春 [DVD]

松山ケンイチ,東出昌大,染谷将太,安田顕,リリー・フランキー/KADOKAWA / 角川書店

undefined


なんといっても松山ケンイチさんの役作りがすごい。
いまだかつてこんなにも気合を入れて増量したイケメン俳優さんがいたでしょうか?

実在の人物をモチーフに…となると、
気になって調べてしまうのですが、
村山聖さんは子供の頃からネフローゼ症候群という病気だったそうで、
映画の中では病気が発症した時に
お母様がお医者さんに「なんでもっと早く来なかったのですか?
お子さんを大変な病気にさせてしまいましたね。」などと責められてるのが気の毒でした。
お母様が「健康な体に産んであげれなくてごめんね」と謝ってるのが切なかった。
実際はお母様のせいではないと思うのですが、
わたしもそのような事態になったらやっぱり自分を責めてしまうでしょうね。
当のご本人はというと
負けず嫌いでどこか飄々としていて、
短いながらもいい人生だったのかもしれないと思えました。

[PR]
# by creamn | 2017-11-07 19:45 | DVD・TV
シネマサンシャイン池袋にて『彼女がその名を知らない鳥たち』を鑑賞。
b0179456_16184942.jpg


白石和彌監督の最新作です。
原作はイヤミスの女王・沼田まほかるさんだそう。(未読です)
イヤミスと聞いて覚悟していましたが、
白石監督作品と知って観たくなりました。
今注目の監督さんだと思います。

最初は蒼井優ちゃん演じる十和子は嫌な女だし
阿部サダヲさん演じる陣治はとにかく汚いし。
でも面白い。お2人の演技にぐいぐい引き込まれます。
途中から出てくる松坂桃李くんのゲスっぷりにも驚き。
前半はひたすら濡れ場が多いのですが、
蒼井優ちゃんがあんなにそんなシーンをがっつり演じてるのは初めて見たような…
さすがに全部脱ぐのは無理だったようですが、
ギリギリのカメラワークであれで良いと思いました。充分にエロいです。
サダヲちゃんの陣治ですが、とてもウザいキャラなのにそんなに嫌悪感は感じなくて。
なんだか不思議な人だなぁと思って観てました。
でもなんでこの2人一緒に暮らしてるんだろうってモヤモヤしたりもしてました。
後半、そのモヤモヤが一気に晴れていくような回想シーンを見て納得。
回想シーンからのラストへのシークエンスで思いがけずうるうるしてしまいました。
あの2人の出会いから一緒に暮らし始めるまでの回想シーンがとても気に入りました。
陣治の愛は狂気とギリギリの境界線にあるのかもしれない。
一歩間違えるとストーカー。紙一重の一途な愛。
でもそういうの嫌いじゃない…と思えたのはサダヲちゃんが演じていたからかも。
ラストは哀しかったです。
生きていてほしかった…本当に生まれ変わったらいいのにと全力で願ってしまう。
いつまでも余韻が残りました。

[PR]
# by creamn | 2017-11-02 23:10 | 劇場鑑賞

『BORDER 贖罪』

スペシャルドラマ『BORDER 贖罪』
連ドラの最終回からの続きで、
いきなり南朋さん演じる「絶対敵な悪」を為す安藤登場。
小栗旬くん演じる主人公、石川に死者としてまとわりつく安藤。
何かというと登場しては嫌なことを側で囁く姿はちょっとシュールでしたが😌
お話は怖面白かったです。
ツイッターのタグをたどっていたら
「大森南朋怖い」「今橋先生とのギャップが凄い」など南朋さんファンでない人たちの感想がいっぱい。
たしかにコウノドリの今橋先生からの安藤は、かなりギャップがありインパクト大でした。
南朋さんがカメレオン俳優っぷりを発揮した週末になりました。
b0179456_06474947.jpg

b0179456_06475085.jpg


[PR]
# by creamn | 2017-10-29 23:30 | DVD・TV

今月のほんよみ

マチネの終わりに

平野 啓一郎/毎日新聞出版

undefined


明日の食卓

椰月 美智子/KADOKAWA/角川書店

undefined



椰月美智子さんの小説は久しぶりにイッキ読みしてしまいました。
椰月美智子さんのツイッターアカをフォローしてますが、
実生活では2人の小学生の男の子のお母さんのようです。
悠宇くんのパートはかなりリアルが入ってる?
優くんのおうちはラストあれで良かったのでしょうか。
今後が心配でモヤモヤが残りました。


[PR]
# by creamn | 2017-10-27 06:47 | 読書

今月観たDVD⑶

溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

菅田将暉 小松菜奈/ギャガ

undefined


ジョージ朝倉さんの9年間も続いた連載マンガを映画化したということで、
2時間にまとめるのは難儀だったのかな。
ストーリー展開に納得できなかったかも。(特にラスト)
でも画の美しさとか素敵なシーンもたくさんあり、
役者さんの魅力で見入ってしまいました。
小松菜奈ちゃんは本当に魅力的。
菅田将暉くんはぜんぜん好みのタイプではないし、この役柄のツンデレ系男子も苦手なんですけども、
この金髪のビジュアルはいいですねぇ。
(とにかく金髪好きなわたくし😅)
山戸結希監督はまだ若いみたいなので、これからにも期待ですね。

b0179456_22372489.jpg



[PR]
# by creamn | 2017-10-25 14:14 | DVD・TV

今月観たDVD⑵

ミュージアム [DVD]

小栗旬,尾野真千子,野村周平,丸山智己,田畑智子/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

undefined

これは劇場鑑賞は見送ったので初見です。
南朋さんの出番思っていた以上に少なかったですが、かっこいい役でした。
グロい殺人シーンなどは苦手なので早送りです。
後味も少し悪かったかな…。
b0179456_22435912.jpg


[PR]
# by creamn | 2017-10-13 14:01 | DVD・TV

秋の連ドラ2017

今クール観る予定のドラマは…





クドカンのドラマとコウノドリの続編だけ集中してみようと思います!
b0179456_22520940.jpg

b0179456_22521038.jpg


[PR]
# by creamn | 2017-10-12 13:32 | DVD・TV
新宿ピカデリーにて『アウトレイジ 最終章』を鑑賞。

北野武監督の最新作です。
今までの『アウトレイジ』シリーズは劇場では観たことがなく、
DVDでも痛そうなシーンを早送りしてたので、
きちんと観たことありませんでした。
なので観る前はちょっと心配でしたが、
テレビ番組のナビで勢力図的なものは予習して臨みましたので、
意外にも面白く鑑賞出来ました。
流血率も高かったけれどほぼ銃撃戦で、あっさりあっけなく人が死ぬので大丈夫だったのかも。

南朋さん演じる市川はとても悪い人の役なのかと思いきや、
たけしさん演じる大友のためには冷酷に殺しをするものの、
基本的にはとても愛らしい人物。
なんだかおいしい役どころという気もしました。
チンピラっぽいテカテカのお洋服も着こなす南朋さん。
マシンガンを乱射する南朋さん。
韓国語を喋る南朋さん。
釣りをする南朋さんなど、南朋さんファンは必見!
(でも思ってたより出番少なかったかも。)
久しぶりにスクリーンで観る南朋さんとても素敵でした。
b0179456_14323369.jpg

b0179456_14323477.jpg

初日舞台挨拶の時の南朋さん。
なんだかとってもかわいらしいメガネ男子!
b0179456_14332444.jpg
(お写真は映画.comさんからお借りしました)







念願だったアウトレイジに出演できてよかったですねえ、南朋さん。
ありがとうありがとう、北野監督!

☆オマケ☆
9日に放送されたしゃべくり007のはにかみ南朋さん。
どこが悪人なの?ギャップが😅可愛すぎ!
b0179456_06321590.jpg



[PR]
# by creamn | 2017-10-08 23:05 | 劇場鑑賞

TBS「A -Studio」の南朋さん

南朋さんがおよそ7年ぶりにA-studioにご出演。
そんなに前だったかしら?びっくり!

話題はいきなり南朋さんのバンド活動について。
鶴瓶さんもCDを聴いたそうで「だってこんな好きなんだから」が好きだそう。
b0179456_23013874.jpg

月に吠える。のメンバー(潤さんと史朗さん)に取材。
b0179456_23020084.jpg

後輩の俳優でバンドのドラム担当の山崎潤さんについて。
今もイケメンですよー!
b0179456_23025995.jpg

おばけが怖い南朋さん💦
後輩からの暴露話で、「丑三つ時になるとお説教を始める」んだそうですよ。
b0179456_23053721.jpg

バンド活動中に台本読みするらしいのですが、
史朗さんにまで相手役をさせるって😅
そしてライブのMCで嘘をついてるエピソードも。
わたしが聞いたのは「今日は斉藤和義さんがゲストで来てくれてまーす!」
みんなすっかり信じてしまって会場がざわついたという😅
b0179456_23070139.jpg

最後は北野武監督からのお言葉。
鶴瓶さんが取材した時にメモったものをお話ししてくれました。
b0179456_23094903.jpg

TBSなのでコウノドリの番宣メインかと思いきや、
意外にも月に吠える。の話題が長かった!
ファンとっては面白かったですよね。
あっという間に終わってしまいました〜

[PR]
# by creamn | 2017-10-06 23:58 | DVD・TV
最近の南朋さんは映画『アウトレイジ 最終章』の宣伝のため、
いろいろなバラエティ番組にご出演されてます。
今までドラマの番宣でトーク番組に出ることはありましたが、
今回は珍しくバラエティが多いです。
北野監督と一緒だからかな?
笑いの場だから当然南朋さんも笑顔が多くて
観てるこちらも楽しめました。



『とんねるずのみなさんのおかげでした』
男気ジャンケンで、南朋さん勝って勝って勝ちまくる!
ジャンケンをする南朋さんを初めて見ましたが強くてびっくりしました〜〜
b0179456_20412815.jpg
 
『出没!アド街ック天国』
北野武監督のふるさと 足立区五反野
南朋さん、足立区といえば→アダチンだそう。
足立区のゆるキャラのようですね。
b0179456_20422306.jpg


『たけしのよくできてるTV』
南朋さんファンには定番の
麿さんのエピソードをふたつ披露してました。
b0179456_20431042.jpg


[PR]
# by creamn | 2017-10-05 20:40 | DVD・TV

今月観たDVD⑴

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 [DVD]

ジュリアン・ムーア,エレン・ペイジ,マイケル・シャノン,スティーヴ・カレル/松竹

undefined

実話を映画化したものだという事で
ちょっと気になって調べたのですが、
同性同士の婚姻が認められたのって世界的にも本当に最近なのですね。
日本よりは進んでいるように思い込んでいましたが、欧米でもこの件に関しては保守的なんだなぁって。
日本でも早く認められるといいなと思います。
b0179456_22443685.jpg


※ライフログ復活しました〜良かった!

[PR]
# by creamn | 2017-10-02 17:38 | DVD・TV

今月のほんよみ

b0179456_09413858.jpg
(このお写真は南朋さんのインスタよりお借りしました)
俳優・舞踏家の麿赤兒さんの自伝です。
麿さんの人生そのものが劇的、まるで戯曲のようでしたが、
文章自体もとても上手で面白い!
巻末に立嗣兄と南朋さんとの親子鼎談も。
鼎談は雑誌の婦人公論にも掲載されてましたが、
この文庫用に編集されていて、婦人公論に載っていない部分が掲載されていたり、
逆に婦人公論に載っていた部分がカットされたりしています。
冒頭に立嗣兄が「これ本当に自分で書いたの?(笑)」って麿さんに聞いてるんですが、
ご本人曰く「鉛筆舐めながら大学ノートに書いたよ」とのこと。
実はわたしの最初の感想も「これは本当に麿さんが書いたのだろうか?」という気持ちだったのですが、
本当に文才溢れる聡明な文章!
決して難解ということもなく飄々としたユーモアもある。
すごいなぁと思いました。
そしてこの意外な才能、脚本家としての立嗣兄や作詞家としての南朋さんも受け継いでいるような気がします。
上のインスタの写真に「オレも天賦典式。」という南朋さんのコメントがあるのですが、
「天賦典式」とは麿さんの舞台表現形態を名付けたもので
「この世に生まれ入ったことこそ大いなる才能とする」ということだそうで
生まれてきたこと自体が才能、存在の全肯定ということだそう。
自分の心にも留めておきたい素敵な言葉!
南朋さんは麿さんのことは反面教師的で父親としては5点ぐらいって言ってたけど、
本当は麿さんのところに生まれてきたことに誇りを持っているんだろうな、
麿さんのこと仕事人としてはとても尊敬してるのだろうなと思ったのでした。

[PR]
# by creamn | 2017-09-29 16:41 | 読書

ありがとう居酒屋ふじ!

テレビ東京の深夜ドラマ『居酒屋ふじ』
終わってしまいました。
毎週録画して観てました。
心温まるドラマでした。
なんといっても大森南朋役の南朋さんに毎週会えるのが幸せでした。
本当にあんなにいつも南朋さんがいる居酒屋ならば
ぜひ行ってみたいですけどね。(飲めないけど)
お料理も美味しそうで癒されました。
エンディングで月に吠える。の「夜の雲」が流れるたびにじーんとしました。すごくドラマに合っていました。
素敵なドラマをありがとう、ありがとう!!!
b0179456_13473222.jpg

b0179456_13473345.jpg

b0179456_13473445.jpg

(お写真は居酒屋ふじ公式サイトさんからお借りしました🙇🏻‍♀️)

[PR]
# by creamn | 2017-09-25 13:37 | DVD・TV

今月観たDVD⑷



b0179456_12032429.jpg



爽やか青春音楽ムービー!
ラストはこれでいいのかなぁって気もしましたが…



びっくりして開いた口が塞がらないお話でしたよ。
ラストに実在の人物のその後がテロップで流れますがこれまた衝撃的。
後味ものすごく悪かったです。
全編に渡って音楽が軽快なのだけが救いでした。


[PR]
# by creamn | 2017-09-22 12:00 | DVD・TV

今月観たDVD⑶

だれかの木琴 [DVD]

常盤貴子,池松壮亮,佐津川愛美,勝村政信/TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

undefined

ストーカーこわーい!
…だけど、この主婦の人、よくわからないキャラでした。
不倫ものなのかと思ったら完全に一方的だし、
本当に好きなのは若い美容師さんなんかではなく旦那さんなんですね。
映像が独特だと思ったら東陽一監督でした。


b0179456_12103464.jpg







[PR]
# by creamn | 2017-09-20 22:04 | DVD・TV