映画と本 eigatohon.exblog.jp

映画鑑賞と読書の記録


by くりーむ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月観たDVD⑵

ヤング・アダルト・ニューヨーク [DVD]

ベン・スティラー,ナオミ・ワッツ,アダム・ドライバー,アマンダ・サイフリッド/ポニーキャニオン

undefined



[PR]
# by creamn | 2017-07-19 15:00 | DVD・TV

今月観たDVD⑴

団地 [DVD]

藤山直美,岸部一徳,大楠道代,石橋蓮司,斎藤工/Happinet

undefined

最初はブラックコメディ的なものかなと思って観てましたが
最終的にはまさかのSF物語でした。阪本順治監督の作品なのに!
斎藤工さんが意外な役柄で出演されてます。

小山薫堂さんが「このお父さん、自分の事が1番好きな人ですよね。」
っておっしゃっていて、なるほど本当にそうだなって思ったのでした。
そしてその自覚がないのが1番始末が悪い。
でもそういう親どこにでもいるし実際に多いと思いますよ。
結局自分の事が1番かわいい、それが人間というもの。
でもそこを抑えるのが親になるという事、本来の親の姿なのではないかな。
そこの自分勝手なお父さん!お母さん!明日は我が身、です。


[PR]
# by creamn | 2017-07-12 13:16 | DVD・TV

夏の連ドラ2017

7月になりました。すでに毎日暑くてバテています…😞

さて、今クール観る予定の連ドラは…

『コード・ブルー』

『カンナさーん!』

『ハロー張りネズミ』

『居酒屋ふじ』

今回は何といっても永山絢斗さんと大森南朋さんW主演の『居酒屋ふじ』
大森南朋という本人役だそうです。
そしてエンディング曲は月に吠える。の楽曲です。楽しみです!

[PR]
# by creamn | 2017-07-06 22:06 | DVD・TV

今月のほんよみ

海外旅行熱、急上昇して急降下 つれづれノート 30 (角川文庫)

銀色 夏生/KADOKAWA

undefined

夏生さん、やっとパートナー探し諦めたかなぁ…

くまちゃんとは自然消滅だそう。よかったよかった。

いつも夏生さんのお金が目当ての人につかまってるよね…

そうならないためにはどうしたらいいのでしょうねぇ…

いつも読んでいて歯がゆい。

夏生さんが今回書いていたように好奇心ではなく自分の「好き」を大事にすればいい…

…のだけれど、経済力があるゆえに、

好奇心で自由に思うままに動けるのはやはり羨ましくもあります。

今回も観てる映画が少々かぶってるし、

最後の方はすでに旅行熱も冷めてミニマニスト目指してるし

サクくんは高3だし面白かったです。

初期のつれづれに戻ってきてる感!


居酒屋ふじ (講談社文庫)

栗山 圭介/講談社

undefined

巻末に大森南朋さんと栗山圭介さんのスペシャル対談がついてます。表紙も南朋さんと永山絢斗くんのドラマの宣伝用のお写真になってるものを購入しました。

本編はとりあえずざっくり読んだらすごく面白かったので

ドラマが終わったらまたじっくり読み返そうかと〜



[PR]
# by creamn | 2017-06-28 22:40 | 読書

今月観たDVD⑵

後妻業の女 DVD通常版

大竹しのぶ,豊川悦司,尾野真千子,長谷川京子,水川あさみ/東宝

undefined

すごく面白かったです。とても下衆なお話ですが…

そして何気に豪華キャスト!

ラストはちょっと残念。変にいい感じで終わってしまって。



[PR]
# by creamn | 2017-06-26 22:16 | DVD・TV

今月観たDVD⑴

フランス映画3本
よくわからないお顔なんだけどセクシーで情緒不安定で、

ちょっと『ベティ・ブルー』のベアトリス・ダルみたいと思いました。


最高の花婿 [DVD]

クリスチャン・クラヴィエ,シャンタル・ロビー,アリ・アビタン,メディ・サドゥアン/ポニーキャニオン

undefined

これはそうぞういに面白かったです。

フランス映画っぽくないコメディ。

ラストはハッピーエンドです。


奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ[DVD]

アリアンヌ・アスカリッド,アハメッド・ドゥラメ,ノエミ・メルラン,ジュヌヴィエーヴ・ムニシュ,ステファン・バック/バップ

undefined

実話を映画化したものだそう。

フランスの高校生、見た目は大人っぽいけど、

中身は世界共通、そんなに差がないのかも。




[PR]
# by creamn | 2017-06-22 13:04 | DVD・TV
『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』を鑑賞。
b0179456_09144674.jpg


入江悠監督の最新作です。
ネタバレしない方が良いサスペンスものなので、
感想はまた後日追記しようかな…(⌒-⌒; )
とにかく面白かったです。
殺人シーンなど怖い部分もあったけど、
最後までダレることなく引き込まれました。
最初に感じていた違和感。
真実を知った時にあーそうだったのかと…
思いがけずうるっときてしまいました。
個人的には密着取材をしていたのがあの2人だったのがツボでした。

今年は入江監督の公開作がもう一本あります。
『ビジランテ』
久しぶりのオリジナル脚本、
南朋さんもご出演なので楽しみにしています。

[PR]
# by creamn | 2017-06-15 22:10 | 劇場鑑賞
月に吠える。がフジテレビの深夜の音楽番組Love musicに出演。


トークは南朋さんとギターの塚本さんと2人で。
MCは森高千里さんとアンジャッシュの渡部さん。
とてもいい感じでした〜
b0179456_09021240.jpg



南朋さんの音楽ルーツのお話。
影響をうけた邦楽。
エレファントカシマシ
ザ・ストリート・スライダーズ
斉藤和義さん
b0179456_09021382.jpg



南朋さんのテンションがあがる曲とカラオケで歌う曲。
フラカンの深夜高速と
松田優作さんの曲。
(南朋さんが歌ってるの聴いてみたい!)
b0179456_09021350.jpg



「オールドでヤングなロックンロール」を演奏!とてもよかったです〜〜
カメラワークも素晴らしかったー!
フジテレビさんありがとう、ありがとう!
b0179456_09021395.jpg


[PR]
# by creamn | 2017-06-13 23:00 | 月に吠える。ライブレポ
新宿ピカデリーにて『夜空はいつでも最高密度の青色だ』を鑑賞。
b0179456_20093796.jpg


石井裕也監督の最新作です。
石井監督は、まだ若いのにもうこれまでも既にずいぶん評価されていて
わたしもデビュー作からずっと注目してます。
この最新作はかなり挑戦的なかんじで今までで1番好きな作品となりました。
とりわけ石井監督作品の中の池松壮亮くんはいつもとてもいいですね。
最近の池松くんの役は…なんでまた脱ぐ役なの?って感じで…
間違った使い方をしてる監督さんが多くて、
はがゆい気持ちで見てたのですが、これはいい!とても良い池松くんでした。

日雇いの建設作業員の青年と、
昼は看護師、夜はガールズバーで働く女子のラブストーリー。
原作は最果タヒさんの詩集です。
なので、モノローグがとても詩的ですが、
石橋静河さんが読むと素っ気なく冷めているかんじ、そこがとてもいいと思いました。
石橋さんが演じた女の子は少々屈折している子。でもそれには理由があって…
キラキラしている東京の街の裏側で、
不安と孤独に耐えながら、戸惑い迷いながら暮らしている若者たち。
毎日頑張ってるのに贅沢などできない、ワーキングプアの様子がとてもリアルです。
ビターでシビアな視点から見た東京の一部分。
2人が不器用ながらも少しずつ少しずつ寄り添っていく過程、
へんなラブシーンなどないところも良かった。
映像は全編に渡りとても凝っています。
こんな風に東京の風景を切り取った映画はなかなかなかったかも。
ラストは救われたような気持ちに。
映画館を出たら映画の中に出てきたそのまんまの
ザワザワした新宿の街だったのでした。
東京の中でも洗練されていない雑多な街ですが、わたしは1番よく行く東京でとても好きです。
いい映画館がたくさんあるから!


[PR]
# by creamn | 2017-06-12 23:27 | 劇場鑑賞

『美しい星』

TOHOシネマズ新宿にて『美しい星』を鑑賞。
b0179456_18485885.jpg




吉田大八監督の最新作です。
不倫している気象予報士の父親、マルチ商法にハマってしまった母親、
フリーターの長男、大学で孤立している長女。
この家族がなぜか内なる宇宙人に目覚めるという少々SFチックなお話。
原作は三島由紀夫ですが、かなり脚色されているみたいです。
実はそんなに期待してませんでしたが、面白かったです。
『紙の月』で吉田監督ちょっと作風変わっちゃった?と残念に思いましたが、
また戻ってきました!
ブラックユーモアが効いていて、ちょっと変な人が出てくる、
痛くてえげつなくて、苦笑いしたりくすくす笑えたり…
これぞ吉田監督作品、というかんじがしました。
でもこの家族 、全員あまりにも顔が違い過ぎて家族って感じしないけど…
壊れかけていた家族の再生、
ラストはこれまたファンタジックなのですが、ほっこり。
普段はSFが苦手ですが、これはふつうに家族ものとして観れました。
あと、音が凄かったので、劇場で観た方が楽しいかも。


[PR]
# by creamn | 2017-06-12 22:44 | 劇場鑑賞

今月のほんよみ

観なかった映画

長嶋 有/文藝春秋

undefined

長嶋有さんの映画評の本です。
観てる映画はちょっとしかかぶってませんでした。
感想も共感できるのと全然違うのと半々ぐらい。
原作者側からみた映画化に関する書き下ろしが1番興味深かったです。
「原作者が映画化を承諾するというのは、娘を嫁にやる感じに似ている。」
というくだりに、なるほど〜〜と。
「自分が生んだ娘のはずだった作品が、監督や役者の手柄になり、話題になり、
蚊帳の外に置かれることは寂しい。」
というわけで
「映画関係者には、とにかく原作者のことは立てておけ、
たくさんの言葉で褒めておけと声を大にして言いたい。」のだそう。
完成した映画に原作者がNGを出せばお蔵入りにできてしまうらしい。
知らなかった。びっくり!
ちなみに『ジャージの二人』の中村義洋監督と主演の堺雅人さんは、
さまざまな場で原作をきちんと褒めてくれた上、
打ち上げでも気さくに接してくれていい思い出になっているそうな。
監督の原作に対する敬意って映像の中に反映されますよね。
原作ファンから観てもすごくいい映画だったもの。


クローバーナイト

辻村 深月/光文社

undefined

子育てをしている夫婦のあれこれ話。
保活とお受験の章は、もう今となっては興味がないのでとばしてしまいました。
子育て中の夫婦といってもVERYに連載されていたからか
かなり上流階級の家庭のお話なんで、共感しづらかったかな。
自分の母親との確執のあたりは、もはや定番ですが、
低所得でも高所得でもそこらへんは関係ない…永遠のテーマなのかも。



[PR]
# by creamn | 2017-05-29 12:01 | DVD・TV

今月観たDVD⑷

ブルックリン [DVD]

シアーシャ・ローナン,ドーナル・グリーソン,エモリー・コーエン,ジム・ブロードベント,ジュリー・ウォルターズ/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

undefined

とても素朴なお話なのですが引き込まれました。
主演の女優さんがとても綺麗です。
小山薫堂さんが「浅田真央に似ている」と言っていて
たしかに纏っている雰囲気がそうかもと。


いつの時代のお話?というぐらい時代錯誤な感じで女の子の自由がない。
お見合いで知らない人のところにお嫁に行って初夜の日には
お姑さんたちが部屋の外で待機してて「ちゃんと血は出たの?どうなの?」と大騒ぎしていて
処女かどうか確認されるとか。
逃げ出したくなる気持ちもわかります…
古い考えで女子たちの自由を奪っているのは結局大人の女たちなんだよね。
自分達もそうだったんだからあなた達も当然そうしなさいと。
女の敵は女なんだなぁと思った次第。


ホアキン・フェニックスがあんなにお腹が出てるネガティブ思考な中年なのに
なんであんなにモテる設定なのかよくわからない…
エマ・ストーンは可愛らしい。好きです。


[PR]
# by creamn | 2017-05-28 23:58 | DVD・TV
月に吠える。第二巻〜浮世歌〜リリースツアーのファイナル、
下北沢ClUB251でのライブに行ってきました。
b0179456_23393758.jpg


端っこでしたが典二さん側の最前列が取れました。
渋谷の時は南朋さんしか見えなかったけれど、
今回はむしろ、典二さんはもちろん、潤さんもよく見える!
南朋さんも時々こちら側に移動してきて弾いてくれる!
というわけで意外に良かったです。
アンプに近すぎて耳がキーンとなりつつ。

前半は渋谷の時と大体一緒の曲順。
『カモンレッツゴーロックンロール』→『空蝉』→『ロマンチックブギー』→『世田谷〜』→『恋にバカで』
ロマンチックブギーの時の南朋さんの手つきがあまりにもいやらしかったのでにやにやしちゃいました。
『恋にバカで』を歌う前に「いつも恋してます」
新曲コーナー『ただただ…』『リズム』この2曲が新譜の中でのわたしの1番のお気に入り!
「まだ髪型大丈夫?」「オレオ食べてるー?!」「金麦飲んでるー?!」
「東京はこんな感じでいこうと思って…笑」

アコースティックギターに替えてのコーナー
ゲストに美しすぎるバイオリニスト、岡部磨知さんが登場。
『夜の雲』『西のインディアン』の2曲をセッション。
渋谷ではやらなかった『真っ黒なエレキギター』
中村獅童さんが登場『悪魔とドライブ』を熱唱。
直前にご病気のニュースをみていたのでびっくりしましたが、
『アイデン&ティティ』は大好きな映画なのでこのセッションほんと嬉しかったです!

フェンダーのストラトテレキャスターに替えてからの
「とばしていきます」な後半。
もはやライブの定番『246』とクイズ答えが全部山崎潤。
『センチメンタルブギー』→『月に吠える。』→パンクバージョン『All is well』
→『狼、走る』→『ズリぃな』
ラスト『オールドでヤングなロックンロール』この曲はほんと生で聴くのが1番いいです。

大杉漣さん登場!カッコよかった〜
「南朋ちゃん、僕は1970年代の曲をやります」
と言って一曲歌ってくださいました。
月に吠える。のアンコール曲は『ワンダートレイン』
大杉漣さんと中村獅童さんが再び登場し
みんなで『だってこんな好きなんだから』
大杉漣さんは即興でハーモニカを。素敵でした!
獅童さんのヒムロック唱法?&シャウトな、
だってこんな好きなんだから〜はなんかすごく面白くて。最高でした。
いいもの見れました。獅童さん、お大事に…

終わっても誰も帰らないしアンコールがやまないので、
再び出てきてくれましたが、「もう曲がありません!」
危うくお写真タイム忘れられそうでしたが、
フォロワーさんが南朋さんたちに声をかけてくださりOKとなりました。
(わたしのところからは端っこだしiPhoneだしでよく撮れませんでしたが。
b0179456_23393811.jpg


なんと2時間、今までで1番長い充実のライブとなりました。
客席には田口トモロヲ監督と永山絢斗くんのお姿も。
終わった後は月に吠える。ファンの 遠征組の皆さまと飲み&お話を。
改めて南朋さんのバンド活動に感謝、新しい出会いに感謝です。
またこんな機会がありますように。
南朋さんの音楽活動が長〜く続いていくことを心から願っています。

お写真は公式さんのインスタより↓
b0179456_06355366.jpg








[PR]
# by creamn | 2017-05-25 23:01 | 月に吠える。ライブレポ

今月観たDVD⑶

リップヴァンウィンクルの花嫁 [DVD]

黒木華,綾野剛,Cocco/ポニーキャニオン

undefined

去年劇場に行こうと思ってたのに結局見逃してしまったので、
観れて嬉しかったです。
黒木華ちゃんもハマリ役ですが、この綾野剛くんはすごくいい!
いい人のような悪い人のような、絶妙なかんじがぴったり。
Coccoは痛々しくてこれまたハマリ役でした。

映像は綺麗なんだけど、お話は痛すぎて…鬱になります。


[PR]
# by creamn | 2017-05-19 19:35 | DVD・TV
月に吠える。が、日テレの朝の番組スッキリ!!に生出演。
この番組の後半にあるミュージシャンの生演奏のコーナーは
時々見た事ありましたが、まさか月に吠える。が出演することになるとは。
そもそも南朋さんがテレビに生出演する事自体が珍しいので、
ちょっとハラハラドキドキで鑑賞💓

まずは南朋さんの経歴などの紹介と
月に吠える。についての斉藤和義さんと浅野忠信さんのコメント。
2人とも南朋さんはエッチだって( ̄▽ ̄)
その言い方はなんか違うと思いますが 南朋さんは同性から見てもセクシーなのかな。
そう、南朋さんはエロかっこいいんです!
b0179456_20155829.jpg


生演奏は『オールドでヤングなロックンロール」
の短縮バージョンでした。
すごくよかった〜〜すでに録画を鬼リピいたしました。
b0179456_20155822.jpg

映像自体もレアですがこの歌詞付きってのもレアですな。
南朋さんの書く歌詞はよいですね。好きです。
b0179456_20155995.jpg



トークも面白かった。
全員に話を振ってくれた加藤さんに感謝!
エッチな話をして色気が出る人とただ気持ち悪い人がいるよね〜って
加藤さんが言ってたけど、ほんとほんと!
南朋さんの場合は役によってはそんなこと全く感じさせないことが多くて、
キュートだったり硬派だったり素朴なかんじだったり。
でもいざという時にはがっつり男の色気を発揮するところが魅力なんですよ。
(私生活については知りませんが f^_^;)
b0179456_20155945.jpg




[PR]
# by creamn | 2017-05-17 20:03 | 月に吠える。ライブレポ

今月観たDVD⑵

あっちゃんにもうちょっと頑張って欲しかったこの映画。
新井くんと共演したドラマはすごくエロかったのに。
この頃はまだああいうのNGだったのかしら。


安藤尋監督は濡れ場を撮るのが上手くないと思います。
演出のせいかカメラワークのせいなのか…
なのにいつもエロス系の映画ばかりなんですよね。なぜだろう。


[PR]
# by creamn | 2017-05-15 19:28 | DVD・TV

今月観たDVD⑴

植物図鑑 運命の恋、ひろいました [DVD]

岩田剛典,高畑充希,阿部丈二,今井華,谷澤恵里香/松竹

undefined

これは原作がすごく好きなだけに、お相手役がEXILEの人なんて納得できない!
…と劇場には観に行かなかったのでした。
でも観てみたら意外と良かったかも…。
わりと原作に忠実です。

もしも〜なら、というお話は映画やドラマでは定番ですが結構好きです。
健くんもよかったけど友達役の濱田岳くんがいい味出してました。


[PR]
# by creamn | 2017-05-08 14:11 | DVD・TV
b0179456_17423871.jpg



月に吠える。のツアー初日、渋谷に行ってきました!
チェルシーホテルは初めてでした。
小さめのハコですが場内は満員!
すごい熱気の中始まったかと思いきや、
いきなり南朋さんのギターのストラップが外れるというアクシデント。
というわけで「テイク2!」もう一度最初からやり直し…なんてこともありましたが。
オープニング曲は新譜から「カモンレッツゴーロックンロール」
最初にTレックスの20th Century Boy的なリフを少し弾いてから
(南朋さんがT.Rexとは意外でしたが、
来月の浦沢直樹さんのバンドとの対バンに向けての試み?)
南朋さんのカッコいいギターリフで始まりました!
そこに史朗さんのギターがからんできて…
2人で向き合って弾いてる姿、
イントロがサイコーにカッコイイです!
そして空蝉→ロマンチックブギー→世田谷〜→恋にバカで、の流れがたまらんでした。
もうノリノリ!
とにかくこの流れはギターの音にちゅーも〜く!
最近はいつもなんだかんだで端っこの方で観ることが多かったのですが、
今回は真ん中だったので南朋さんばかり見てました。
というか前列の方々の人垣やビデオを撮っているカメラさんがかぶってしまい、
他のメンバーがほぼ見えませんでした…,。
なので今回は南朋さんのお顔や手元をじっくり見て、ギターの音を堪能しました!
その結果、ここのカッコいいリフは南朋さんなんだー!
という新たな発見が!とても楽しめました。
ツインギターの場合、音源で2種類聴こえてくるギターの音の、
どちらがどちらを弾いているのかを知りたいわたしなのです。
南朋さんはボーカルだけど、単にバッキングのコードを弾いているだけではなく
イントロや間奏ではリードのフレーズを弾いている場面も?
間のソロはほとんど史朗さんが弾いていますが。
(その史朗さんのソロがまたかっこいいのですが)
カッコいいリフやソロを聴くと、ときめく体質です。
次のライブでこんな機会があったらまたよーく聴いて見たいと思います。
中盤、南朋さんはアコースティックギターにチェンジ。
後半は和義さんのあのギブソンではなく、テレキャスにチェンジ。
ノリノリの激しい曲のオンパレードでとても盛り上がりました。
この後半も南朋さんのギターが素晴らしかったです。
特に月に吠える。の各パートのソロコーナーは素敵!
南朋さんのソロはライブごとに毎回ちょっとずつ変化しています。
今回のが1番かっこよかったな〜
とてもブルージー!好き!
狼、走る。→ズリぃな、の激しいボーカルとギターにも痺れました。
南朋さんはそもそもギタリストとしてバンドをやっていた人だから、当たり前なのだけど、
ボーカルの人のギターがアクセサリー的なものではなく
ちゃんと上手いと、テンションが上がるわたしです。
しっかり歌いながらあれだけ弾けるってカッコイイですよね。


今回の南朋さんのMCは終始ほっこりおもしろMCでした。
南朋さーん!カッコイイ!というコールに、
「ありがとう。いつまで経ってもかっこいいって言われたいね、老人ホームとか入ってもさ」
とか
そして典二さんが「僕の名前ももっと呼んでいいんだよ…」
潤さんも「僕ももっとかまってほしい…」など😅
これからライブに行くみなさん、
どしどしカッコイイコールしてあげてくださいね〜〜
お馴染みの潤さんいじりの「クイズ 答えが全部山崎潤」のコーナーもありました😁






今回もお写真撮影OKタイムをいただきました。
b0179456_17334892.jpg


ギターとエフェクターボードと南朋さんという
わたし的萌えポイントだらけのお写真が撮れました。
ありがとうございました〜!
b0179456_17334857.jpg


[PR]
# by creamn | 2017-05-04 23:59 | 月に吠える。ライブレポ

スウィート17モンスター

ヒューマントラストシネマ渋谷にて
『スウィート17モンスター』を鑑賞。
b0179456_14161108.jpg

公式サイト

これは気になりつつも劇場で観たいリストには入ってなかったのですが…
5月末が期限のテアトルシネマグループの招待券がありまして、
時間が合うものを…と探してこれに決定。
そんな感じだったのですが意外にもすごく面白かったー!
女子高生が主人公。
まぁ、ずいぶん前のことですが一応わたしもそんな時代ありましたしね。
外国のJKなので言う事がちょっと過激だけれども、
17歳にしてすでにこじらせちゃってる系女子の
青春時代の悩みは世界共通なのかも?
あるある!という感じで痛かったり切なかったり、
その自意識過剰さにとても共感しました。
そして複雑な母娘の関係なども、
子供の気持ちもわかるし、お母さんの気持ちもわかるしで、
胸が痛いところもありました。
でもラストはハッピーエンド!
主人公にさりげなくアプローチしてくれてたあの男の子、とっても素敵だわ。
ありのままの自分のことを受け入れてくれる人と出会えたら、幸せ。
そして等身大の自分を知ることが出来たら、
そこから本当の意味で大人になっていくんだよ。





[PR]
# by creamn | 2017-05-04 17:04 | 劇場鑑賞
月に吠える。の新譜『第二巻〜浮世歌〜』の発売前日、
フライングゲットができる&購入した人はイベントに参加できるということなので行ってきました!

月に吠える。のコーナー。すごーい。
b0179456_17141708.jpg


18時半からミニライブ。
椅子が30席ぐらい用意されているとても小さい会場でしたが、
アコースティックではなく、ふつうにエレクトリックで。
新譜から4曲演奏されました。

カモンレッツゴーロックンロール
ただただ…
西のインディアン
オールドでヤングなロックンロール




メンバー全員に歌詞カードにサインをいただきました。
握手も!
緊張しましたが少しお話もさせていただきました。
言いたかった事をお伝えした後、下がろうとしたら
思いがけずお言葉を返されて質問されまして、わたしがそれに答えると、
すごくにっこりしたお顔でうんうんと頷きつつ見つめ返されてしまい…
終わってからも手がブルブル…
この思い出は一生の宝物にしようと思います。
…って宝物3個目。南朋さんがバンド活動してくれてるからこその体験。
今までファンでいてよかったなぁとしみじみ。
本当にありがとう、ありがとう!南朋さん!!

b0179456_17141860.jpg




※アルバムひとことレビュー

①『カモンレッツゴーロックンロール』
イントロのギターのリフがカッコイイです!
キャッチーなロックンロールでオープニングにぴったり。
②『ただただ…』
この南朋さんのやさしい歌声がすっごく好きー!
そしていつの間にか、ただただ〜♪って口ずさんでしまいます。
③『リズム』
すごく心地よいグルーヴです。すき!
そして最後テンポアップするのがカッコイイですね。
これも南朋さんの歌声がいいですね。
④『夜の雲』
この曲は7月から放送されるテレ東のドラマ
(南朋さんと永山絢斗くんが主役)
「居酒屋ふじ」のエンディングテーマに決定したそうです。
⑤『西のインディアン』
去年すでにライブなどで何回か聴いたことありまして。
サビのコーラスが気持ちいいです。
⑥『狼、走る。』
これまた元気系な!疾走感が凄まじいパンキッシュな曲です。
最後に吠えまくっておられます。
⑦『オールドでヤングなロックンロール』
先日、映画みたいなMVが公開されましたが、
長めの台詞もあり、とても演劇的な曲です。
なのでこの曲は生で体感するのが1番かと思います。
サビの部分をみんなで合唱するのも楽しいです。
(まだまだ覚えられませんが、
南朋さんの書く歌詞もすごく好きです。
そしてやっぱり南朋さんの声が好き。
俳優としてだけでなくボーカリストとしても表現力の振り幅が大きい!
クリアで甘い声も荒々しくセクシーな声も
どちらも魅力的です。)

※なんとこの日はZIP!の取材が入ってました。
翌日放送されました。
b0179456_12163098.jpg


b0179456_12180883.jpg


b0179456_12180833.jpg






[PR]
# by creamn | 2017-05-02 23:54 | 月に吠える。ライブレポ